日本はインドネシアとともに戦ったか?

P_B1C1_0405_124201 (2)

小川 忠 (跡見学園女子大学教授、元国際交流基金ジャカルタ日本文化センター所長)

「親日国インドネシア」を巡る誤認

前回に続いて今回も歴史記憶をテーマとしたい。ネット上で流れる俗説に「インドネシアが親日的なのは、日本がインドネシア独立戦争をともに戦い助けたからだ」というものがある。これをうのみにして、インドネシアの人びとと接すると危うい。二つの事実誤認がある。

第一に、確かに現在のインドネシアは、世界有数の親日国だが、独立以来この国が親日的だったわけではなく、筆者が初めて足を踏み入れた80年代には少なからず反日感情も存在していた。その理由の一つは1942~45年の日本の軍政支配が苛政であったと記憶する占領体験世代がまだ存命であったことだ。

第二の誤認は、インドネシア独立戦争時の日本の立場をめぐるものである。国としての日本はインドネシア独立戦争を支援したわけではない。というのは降伏した日本に対し、連合国側は、インドネシアの現状を維持したまま(つまり独立を宣言したインドネシア側に手を貸さず植民地状態のまま)、連合国軍に引き渡すことを指示した。日本降伏直後、連合国側がまだインドネシアにやってきていない権力の空白状態の中で、インドネシア共和国は独立を宣言し、はやる急進派青年たちは残留する日本軍に武器の引き渡しを要求してきた。しかし上記「現状のまま引き渡し」という連合国からの指示があるため、日本側はこれを拒否せざるを得なかった。連合軍に降伏した時点で、日本は、アジアを植民地から解放するという錦の御旗を降ろしているのだ。様々な理由からインドネシア共和国軍に身を投じてインドネシア独立戦争を戦った日本兵たちがいたが、それはあくまで個人の立場のもので、日本の公式の立場ではない。逆に軍当局から、彼らは「逃亡兵」の汚名を着せられ、名誉回復までには長い時間がかかった。

上記の通り、日本はインドネシア独立戦争をインドネシアの人びととともに戦ったわけではない。事実は俗説の真逆であることを統計が示している。ジャワ派遣第16軍の宮元静雄作戦参謀によれば、日本敗戦後のジャワ、バリ島の日本軍死者は1078名。うち自殺、病死、事故死等を除くと、562名がインドネシア側との戦闘によって戦死した。日本に帰国できなかった人々の半数以上が、日本軍が保持していた武器の引き渡しをめぐって、日本軍とインドネシア独立急進派との間で発生した紛争の結果、命を落としたのである。45年8 月17日インドネシア独立宣言の後、日本は、インドネシアとともに戦ったのではなく、インドネシアに対して戦わなければならない状況もあったのである。

1910_ogawa-column_01.jpg
英軍に降伏する第16軍の長野司令官=撮影・毎日新聞社。撮影日は1945年10月1日。キャプションには「ジャワの日本軍約5万人はほとんど無傷で敗戦、進駐は9月29日開始された」とある

インドネシア教科書に描かれた日本軍政

「インドネシア独立に日本がともに戦ったから親日的」という説は虚構、と書いたが、現在の学校教育において、日本軍政はどう教えられているのか。筆者はインドネシアに駐在していた2014年ごろ、複数の市販教科書を調べたことがある。

まず、分かったことは、第二次世界大戦の歴史については、インドネシアの若者のほうが日本の若者よりもずっと多くの知識を学んでいるということだ。なぜなら日本軍によるインドネシア占領はインドネシアの独立に直接つながる歴史であり、この国のアイデンティティーの根幹に関わる重要学習事項であるがゆえに、授業のなかでしっかりと教えられているのだ。

これら高校歴史教科書の記述において、「日本がオランダを駆逐し、軍政支配したことにより、インドネシアは独立できた。それがゆえにインドネシアは日本に感謝している」という基本認識があるかと問えば、答えは否である。他方、「日本軍政はインドネシアに何一つ恩恵をもたらさなかった、100%否定されるべきものである」という認識によって記述されているかと問えば、これまた答えは否だ。

多くの教科書は、現代日本人が知らない史実を政治、経済、文化社会と多面的に列挙し、検討を加えている。「親日」もしくは「反日」と、簡単にラベルを張れるような直情的な記述ではないのである。

例えば2010年に発行されたブミ・アクサラ社版「高校2年生用歴史(Sejarah SMA/MA)」では、21頁をさいて第5 章「日本による支配時代とインドネシア独立準備に向けた営為」が設けられている。この章の半ばに、インドネシアにおける日本軍政支配の功罪が論じられている。

まず同教科書は、日本軍政がもたらした否定的側面を列挙しており、これをまとめると以下のようになる。

日本がインドネシア占領をめざした第一の目的は、「大東亜戦争」に勝利するために、石油をはじめとする豊富な天然資源の確保であった。それゆえにタラカン、バリクパパン、パレンバンといった資源産地が真っ先に占領され、そこから産出される資源は軍事優先となったため、国内住民向けの石油配給は次第に制限が加えられていった。

また、インドネシアの農民は、収穫米の30%を日本軍政府に供出するよう強要され、最大時には50%の供出が求められたこともあった。小作人たちは重労働にもかかわらず20%の取り分しかなく、村落部における飢餓状態は深刻化し、栄養の不足による疾病も蔓延し、幾つかの地方において死亡率が上昇した。

さらに労務者(「ロームシャ」はインドネシア語になっている)の供出を求められたことにより、村落の社会構造が変化した。若い労働力が消え、女、子ども、老人、病人だけが取り残された。

一言でいえば、日本の支配は、インドネシア民衆にとって、欠乏と重労働を強いられた苛政であったということになる。にもかかわらず、そうした耐乏を強いる日本軍政にも肯定的な側面があったと、教科書は論じる。

まず、軍事知識を身につけた青年組織を生みだしたことである。日本敗戦後のインドネシア独立戦争時において、日本軍の軍事教練を受けたこれら青年たちが、インドネシア国軍の指導者になってオランダや連合軍との闘争を戦い抜いた。

また文化面では、日本軍政府はオランダ語使用を禁じ、代わってインドネシア語を奨励する政策を採用した。これにより政府の公用語、学校での教育言語としてインドネシア語が用いられるようになり、その普及の道を開いた。とりわけ、1943年10月に日本軍政府が設立した「インドネシア語整備委員会」は、語彙、文法の編纂を担い、近代インドネシア語の確立に歴史的役割を果たしたのである。

1910_ogawa-column_02.jpg

この教科書では、日本軍政に関する肯定的記述の分量は、否定的記述の半分程度である。要するに「日本軍政は総じて言えば、インドネシア民衆にとって苛政であったが、中には独立につながる肯定的側面もある」というのが、この教科書の基本認識といえよう。そしてこの認識はインドネシア駐在期間につきあってきた各界各層との多様な交流に基づく筆者の直感からいえば、ほぼ平均的なインドネシア国民の日本軍政像と思われる。

写真上はジャカルタ市内の独立宣言記念博物館で展示されている日本軍政時代説明パネルである。日本軍によって作られた郷土防衛義勇軍(PETA)の訓練に参加する若者の眼光が鋭い。PETAは、インドネシア独立戦争を戦ったインドネシア共和国軍の母体となった。

この様に博物館や教科書を通じて、インドネシアの若い世代は、この国が誕生する歴史を詳しく学ぶ。

1910_ogawa-column_03.jpg

独立の大義を見つめ直す戦後世代

日本軍政からインドネシア独立に至る一連の出来事は、この国のナショナル・アイデンティティーに関わる重要な歴史ゆえ、教科書でも詳述されるのである。

ところで昨今のインドネシアにおいて、日本軍政支配及びその後のインドネシア独立を経験として知る世代が世を去り、記憶が風化していくなかで、次の世代による「自分探し」の一環として、歴史を学び直そうという動きが強まってきている。「建国の父たち」の息子や孫の世代のなかには、独立戦争の大義を無条件に肯定することに留保をつける者も出始めている。

2012年に公開された映画「スギヤ」が、そうした新しい傾向を感じさせる作品だ=写真上。監督のガリン・ヌグロホは、現代インドネシア映画界を代表する名匠といわれているが、戦後生まれの彼は、当然日本軍政も独立戦争も直接の皮膚感覚では知らない。

この映画の主人公は、実在のスギヤプラナタ(通称スギヤ)司教である。といっても日本で知る人はほとんどいないだろう。1940年インドネシア人で初めてバチカンから司教に任命され、中部ジャワの都市スマランにあって、日本軍政から独立戦争までの激動の時代に、戦争の暴力に翻弄される人々を守り、独立に貢献したとして国家英雄に認定された宗教指導者である。

映画はスギヤ司教を中心に据えつつ、彼を高らかに賛美するでもなく、彼の周囲に現れる独立派青年、女子学生、華人系インドネシア人家族、日本軍人、オランダ軍人やジャーナリスト等々、宗教や国籍は違うが、激動の時代を懸命に生きようとした人間たちを多面的に描いている。

この映画のなかでは、日本軍は、インドネシア住民をビンタし、教会の祈りの場に銃をふりかざしながら踏み込む暴虐的な支配者として登場する。しかしそんな日本軍のなかで将校スズキは、日本に残した妻子を思いつつ、兵隊の暴走をたしなめる人間味ある軍人として強い印象を与える。

そして日本の敗戦、スカルノによる独立宣言の後、旧植民地復活を画策するオランダに対して、日本軍政期中に軍事教練を受けたインドネシア青年が、武力闘争に立ち上がる。独立派青年たちは、旧日本軍から武器を奪取しようと日本軍の兵営に押しかける。混乱を抑えようとしたスズキであったが、独立派青年の放った銃弾によって命を落としてしまう。

ちなみに、ジャカルタ在住の日本人俳優、鈴木伸幸氏が将校スズキを演じた。彼は同じ時期に製作された歴史大作映画「スカルノ」でも、インドネシア独立に協力する前田精海軍武官の役を演じている。

「スマラン事件」あるいは「五日間戦争」

ここで映画「スギヤ」に描かれた日本軍将校の悲劇に重なる、歴史事実に触れておかなければならない。スマランでは実際に、1945年10月14日から18日にかけて日本軍の武器引き渡しをめぐって日本軍とインドネシア独立派勢力のあいだで武力衝突があり、民間人も含めて双方に多数の死傷者が出ていたのだ。「スマラン事件」、インドネシアでは「五日間戦争」と呼ばれる。冒頭で述べた、日本軍がインドネシア側と戦った事例である。

凄惨を極めたのが、インドネシア武装勢力による、ブル刑務所における日本人虐殺だ。民間企業関係者も含め149名が殺害され30名が行方不明となった。インドネシア側犠牲者数はさだかでないが、ブル刑務所の日本人虐殺に憤激した日本側の攻撃により数千名が命を落としたともいわれる。

1910_ogawa-column_04.jpgスズキの死を描いたシーンにおいて、ガリン・ヌグロホは「スマラン事件」を下敷きに、独立戦争を従来の映画のように正義の闘いであったと英雄的に描くのではなく、「正義」のなかに潜む狂気、ナショナリズムに内包されている暴力を呈示してみせた。彼は映画公開の記者会見で、「この映画の舞台は日本軍政・独立戦争という過去だが、現在のインドネシアが直面している過剰なナショナリズム、少数派への迫害等の諸問題を考えるために製作したのだ」と語っていた。今日のインドネシアにおいて五日間戦争を知る若者は多くない。戦後インドネシアに生まれ、育った世代が自分たちの今に照らして、建国の時代を捉えなおそうという新しい姿勢、といえるのではないか。

日本においても、どれだけの人が「スマラン事件/五日間戦争」について知っているだろうか。スマラン在住ヨンキ―・テオ氏の著書『思い出の中のスマラン』がジャーナリスト横山裕一氏の訳で、2018年に出版された。スマラン市民の視点から事件の顛末を描いているのが、同書の特色といえよう。1998年に日本人犠牲者の鎮魂の碑がスマラン海岸に建立されたが、テオ氏も碑建立発案者の一人である=写真上。同書の日本語翻訳出版は、日本、インドネシアそれぞれ国の歴史忘却に対して、戦後世代による抵抗の試みだ。

掘り起こされた

小笠原・沖縄・インドネシアの交流史

日本・東南アジアの近代関係史を長年研究してきた後藤乾一早稲田大学名誉教授の近著『「南進」する人びとの近現代史―小笠原諸島・沖縄・インドネシア―』もまた、歴史の空白を埋める労作である。後藤教授はこれまでも戦前・戦中・戦後の沖縄とインドネシア交流を、日本の「南進」政策と照らし合わせつつ浮き彫りにしてきたが、同書では標題の通り、新たに小笠原諸島を分析の対象に加え、「内地」から小笠原諸島へ、それを起点に南洋諸島、東南アジアへと向かった人びとの軌跡をたどっている。

なかでも圧巻は、残留日本兵の勢理客文吉とその家族の個人史に焦点をあてた第5章である。沖縄に出自をもちつつも硫黄島を故郷とし、戦争によってインドネシアに出征、故郷硫黄島「玉砕」の報に接し、帰るべき故郷、家族を失ったと考えた勢理客は、インドネシア独立戦争に飛び込み、独立後日系インドネシア人「イスマイル・セリキャク」として生きる道を選ぶ。激動の半生を声高に語ることもなく、インドネシア社会の片隅でつつましく戦後を生きた勢理客、硫黄島の戦闘で悲惨な死を遂げる父と兄、移住した伊豆大島で息子の帰還を信じつつ静かな老後を暮らした母と妹。日本の南進政策を下支えしつつ、その政策に翻弄された無名の人びとの人生に、後藤教授はスポットライトをあて、近代日本の南進政策の意味を問うている。

1910_ogawa-column_05.jpg
最後のインドネシア残留日本兵、小野盛(ラフマット小野)氏へのコンパス紙インタビュー記事(小野氏は2014年逝去)