お知らせ

会員企業様向けに「毎日アジアビジネスレポート」5月号を配信しました。 プレミアム会員向け情報は、進出企業が頭を悩ませる「賄賂」への対処法--

会員企業の皆様は、「会員専用ページ」から全文をお読みいただけます。(パスワードが必要です) ***5月号の内容 … 続きを読む 会員企業様向けに「毎日アジアビジネスレポート」5月号を配信しました。 プレミアム会員向け情報は、進出企業が頭を悩ませる「賄賂」への対処法--

次の2本を会員様向けに配信しました ◆「中国」に学ぶミャンマー経済回復への処方箋◆ミャンマー観光業への参入、その目のつけどころ=2018年2月26日

─────────────────────────────────── ◆ 「中国」に学ぶミャンマー経済回復へ … 続きを読む 次の2本を会員様向けに配信しました ◆「中国」に学ぶミャンマー経済回復への処方箋◆ミャンマー観光業への参入、その目のつけどころ=2018年2月26日

次の5本を会員様向けに配信しました◆ダッカ人質テロ事件とロヒンギャ問題--日本人はなぜ犠牲になったのか(上~下)◆中国はなぜ、ラカイン危機でミャンマーを支持するのか◆日本の中古車輸入禁止でミャンマー自動車市場はどう変わる?=2018年1月30日

─────────────────────────────────── ◆ ダッカ人質テロ事件とロヒンギャ問題 … 続きを読む 次の5本を会員様向けに配信しました◆ダッカ人質テロ事件とロヒンギャ問題--日本人はなぜ犠牲になったのか(上~下)◆中国はなぜ、ラカイン危機でミャンマーを支持するのか◆日本の中古車輸入禁止でミャンマー自動車市場はどう変わる?=2018年1月30日

次の2本を会員様向けに配信しました ◆有機農業で日本企業とミャンマー農家のマッチングも ◆かたずを飲んで待つコンドミニアム法の運用開始 =2017年12月28日

─────────────────────────────────── ◆ 有機農業で日本企業とミャンマー農家 … 続きを読む 次の2本を会員様向けに配信しました ◆有機農業で日本企業とミャンマー農家のマッチングも ◆かたずを飲んで待つコンドミニアム法の運用開始 =2017年12月28日

次の5本を会員様向けに配信しました◆ ミャンマーの新国際空港「ハンタワディ」計画は実現するか?(上~下 ) ◆Why does China involve in Rohingya crisis? ◆What can happen in Myanmar’s auto market due to new vehicle import regulation? =2017年12月21日

─────────────────────────────────── ◆ ミャンマーの新国際空港「ハンタワデ … 続きを読む 次の5本を会員様向けに配信しました◆ ミャンマーの新国際空港「ハンタワディ」計画は実現するか?(上~下 ) ◆Why does China involve in Rohingya crisis? ◆What can happen in Myanmar’s auto market due to new vehicle import regulation? =2017年12月21日

次の5本を会員様向けに配信しました◆ スーチー政権が政策決定で「機能不全」に陥る理由◆ ミャンマー経済が「停滞」を脱却する処方箋◆ スーチー政権が抱えるリスク要因とナショナリズム◆ 「点」の情報を「面」にする熟達の分析に期待する◆ 船頭なき対ミャンマー政策 米国のミャンマー人脈 政府編=2017年12月11日

─────────────────────────────────── ◆ スーチー政権が政策決定で「機能不全 … 続きを読む 次の5本を会員様向けに配信しました◆ スーチー政権が政策決定で「機能不全」に陥る理由◆ ミャンマー経済が「停滞」を脱却する処方箋◆ スーチー政権が抱えるリスク要因とナショナリズム◆ 「点」の情報を「面」にする熟達の分析に期待する◆ 船頭なき対ミャンマー政策 米国のミャンマー人脈 政府編=2017年12月11日

次の5本を会員様向けに配信しました◆ヤンゴンでテロは起きるのか? ロヒンギャ武装組織の研究(上~下)◆ロヒンギャ(ベンガル系イスラム教徒)難民が大量流出した理由◆ 米国のミャンマー人脈 議員編=2017年10月26日

─────────────────────────────────── ◆ ヤンゴンでテロは起きるのか? ロヒ … 続きを読む 次の5本を会員様向けに配信しました◆ヤンゴンでテロは起きるのか? ロヒンギャ武装組織の研究(上~下)◆ロヒンギャ(ベンガル系イスラム教徒)難民が大量流出した理由◆ 米国のミャンマー人脈 議員編=2017年10月26日