シリーズ 米国のアジア人脈⑮ 及川正也

ヒンドゥー系大統領選候補、ギャバード氏

外交を争点に掲げる女性現役州兵

2020年米大統領選の民主党指名争いが本番を迎えるまであと2カ月。バイデン前副大統領やウォーレン上院議員ら並みいる有力候補を横目に孤軍奮闘しているのが、ハワイ州選出のアジア系女性下院議員、トゥルシ・ギャバード氏(38)だ。医療保険や格差、環境問題をめぐって白熱した議論が続く中、最大争点に外交を掲げ、戦地派遣された米軍の完全撤収と平和構築を訴える。異色の候補、ギャバード氏とは。【毎日新聞論説委員・及川正也】

「敵との対話」重視

「私はこの狂気を終わらせる。体制転換を目論む無駄な戦争を終わらせる」。海外での戦争からの全面撤退を訴えるギャバード氏の主張は、民主党の中でもひときわ孤立主義的な色合いが濃い。彼女の訴えが耳目を引くのは、地元ハワイ州兵として2004年にイラクの戦闘地域に派兵され、08年にもクウェートに志願して出兵した軍人としての経験に基づいているからだ。現在もハワイ州陸軍州兵で少佐の地位にある。

アフガニスタン、リビア、シリア、キューバ、ベトナム、イラク――。ギャバード氏はこうした国々の名前を挙げ、「失敗に続く失敗だった」と言う。「海外戦争から手を引く。アフガニスタンからも撤退する。外国のことは外国に任せる。すべての国が民主主義を求めているわけではない」。米国の介入主義の失敗から、圧倒的な軍事力があったからといって世界が米国の意のままにはならない現実を直視した発言だ。

ギャバード氏の言動が最も物議をかもしたのが、17年1月のシリア訪問だ。友好的なムードの中でアサド大統領と会談した。アサド大統領は自国民に化学兵器を使用した疑いがある。ギャバード氏は「対話を通じた平和的解決のため」と説明したが、足元の民主党内からも批判の声が上がった。今年2月にはMSNBCでアサド大統領について「敵」との表現を避け、再び問題視されている。

米国に対する直接的な脅威ではない――。米国内の孤立主義者たちが口にすることばだ。共和党でも16年大統領選で共和党指名争いに名乗りをあげたランド・ポール上院議員も、シリアへの軍事介入に反対した有力議員の一人だった。米国が軍事介入するのは、直接的な脅威がある場合に限るという「非介入主義」は、20年近くになるアフガニスタン・イラク戦争からの厭戦的な国民感情を反映している。

americ-anasian-connection_15_01.jpg
トゥルシ・ギャバード下院議員

「外国の指導者に会うときは、警棒を振りかざすのではなく、協力に基づく信頼関係を構築すべきだ」と言う。こうした姿勢はロシアのプーチン大統領についても同じだ。共和党のトランプ大統領は政権発足前にギャバード氏と会談し、入閣のウワサが出る一方、民主党のヒラリー・クリントン元国務長官からはロシアが自国の利益になるよう「ギャバード氏を育てている」と批判する事態に発展した。

太いインド人脈

波紋を広げるギャバード氏の言動だが、根っこにあるのは平和主義と外交重視の姿勢だろう。太平洋の島国サモア生まれで、米連邦議会では初めてのサモア系女性下院議員となった。12年の初当選以来、4期連続で当選している。米連邦議会初のヒンドゥー教徒でもあり、アジアやインドへの愛着が深い。以前は下院外交委員会アジア・太平洋小委員会で活動し、米日議員連盟、インド系議員連盟にも属している。

インド政界とは太いパイプを持つ。とりわけ、ヒンドゥー至上主義のモディ政権との親交は厚い。米国内のヒンドゥー団体は以前からギャバード氏への支援を打ち出しており、13年12月にはイスラム教徒への暴力事件などを踏まえ、米下院がインドに「宗教的少数者の権利と自由」の保護を求める決議案に反対。14年のヒンドゥー系団体の集会に参加した際は、モディ政権幹部が支援を表明した。

ギャバード氏は、今年9月の国連総会出席のために訪米したモディ首相とニューヨークで会談した。会談後、ギャバード氏は「米議会初のヒンドゥー系議員であることを誇りに思う。インドは米国の最も緊密な友好国の一つであり、インド太平洋という重要な地域においてますます重要な国になっている」と述べた。

ギャバード氏は、インドの伝統的な健康法であるヨガを記念する「国際ヨガの日」を指定する取り組みを米下院で行い、決議案も提案している。また、移民の制限を緩和する法案を提案しており、インドからの移民を受け入れやすい環境を整える狙いもあるようだ。

米国とインドは、軍事的な行動範囲をインド洋にも広げる中国の動きを警戒している。両国とも対中国の貿易赤字を抱えており、米国は米中貿易戦争、インドは交渉が大詰めを迎える「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」からの離脱で、それぞれ対応しようとしている。9月のモディ首相の訪米時には南部テキサス州ヒューストンで開催された歓迎大集会にトランプ大統領も出席し、親密さをアピールした。

ギャバード氏は、そのパイプ役の一人でもあるが、民主党指名争いでは、多くのライバルたちに後れを取っているのが現状だ。平均の支持率は2%で、獲得資金も650万ドル(約7億円)と上から9番目だ。米メディアによれば、指名を獲得できる公算は極めて小さいという。米紙ワシントン・ポストなどは、2020年は無理でも将来的な有望株としているが、ギャバード氏は来年の下院議員選には出馬しない考えだ。

トランプ大統領に限らず、民主党の多くの候補の主張を聞いても、米軍の海外派兵には慎重な意見が目立つ。ギャバード氏をはじめ、急進左派のウォーレン上院議員やサンダース上院議員ら有力候補は、米国はもはや「世界の警察官ではない」という認識を共有し、アフガンからの米軍撤退などを求めている。

ギャバード氏は、トランプ大統領のイラク核合意からの離脱を非難する一方、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談は評価している。軍事から外交への流れが進むのはいいことだが、効果的な外交ができるだけの太いパイプを持つ米国人脈が細るのも心配だ。とりわけ、米国の存在感がどんどんかすむアジアでの懸念は大きい。

おいかわ・まさや

1988年毎日新聞社に入社。水戸支局を経て、92年政治部。激動の日本政界を20年余り追い続けた。2005年からワシントン特派員として米政界や外交を取材。13年北米総局長。16年4月から論説委員