モルディブ 大使メッセージ

変貌遂げるモルディブ経済
ポストコロナ見据え経済基盤多様化

駐日モルディブ共和国大使 イブラーヒム・ウェイス(寄稿)

■インド太平洋の交易路の中心にあるモルディブ

モルディブへの投資と貿易に関するこの特別レポートに貢献できることは、私にとって大きな喜びです。

モルディブ経済は現在、大きな変貌を遂げつつあります。イブラヒム・モハメド・ソーリフ大統領による経済政策の転換は、「高付加価値化」の取り組みを通じて、インド太平洋の交易路の中心に位置するモルディブの経済基盤を多様化することが目的です。

観光業は依然として、我が国経済への貢献度が最も高い主要なサービス産業です。観光客数は2019年に過去最高の年間170万人に達し、観光収入は31億7100万ドルを超えました。ラグジュアリー・リゾートで知られるモルディブですが、島々の文化や風習に触れるカルチャー・ツーリズムは過去数年間で急激に成長してきました。

これらの変化は、北部、南部の環礁に空港を新規に建設、あるいはすでにある空港を拡充整備する国の事業によってもたらされたものでもあります。

■新たなコンテナ港建設しロジスティック強化

新型コロナウイルスによるパンデミックの収束後を見据え、我々は経済の多様化を促進し、サービス業を含む産業の開発強化を図っています。これには、水産業の輸出拡大と運輸・運送網強化のための大規模な投資が含まれます。

政府は、国の主要港であるマレ商業港をグルヒファル島に移転する計画に着手します。年間平均40万個の輸送コンテナに対応する最先端の施設を備え、税関および管理サービス、港湾サービス、保税倉庫、埠頭、さらにコンテナ及び一般貨物ターミナルなどを建設します。

■多彩な投資インセンティブ

自由経済とブルーエコノミー(持続可能性に配慮した海洋産業)の枠組みを基本とし、モルディブをさらに外国投資家にとって魅力的な投資先にするために取り組みます。

我々は、規則の柔軟性、収用に対する適切な補償、開発事業者や投資家の保護など、投資家にとって重要な環境を整備する重要性を理解しています。「Invest Maldives」を通したワンストップの事業登録▽最長99年間の長期土地賃借▽外国人管理職、技術職、未熟練労働者の雇用の自由▽外国為替の制限の撤廃、さらには利益と投下資本の本国への送金など、政府は外国投資家向けのインセンティブを多数提供しています。

■日本は卓越したパートナー

モルディブの社会・経済発展において日本は卓越したパートナーであり続け、50年以上にわたって相互信頼と友好的な二国間関係を確立してきました。この間、モルディブは持続可能な漁業、ICTインフラの整備、技能移転や人材教育など、開発におけるすべての分野で日本の支援を受けてきました。また、これまでに日本企業による投資は、観光産業及びその他の分野で合計1億5100万ドル相当に上っています。私たちは、日本及び我が国への投資を検討する日本の投資家の皆様との間で様々な協力関係を深めることを楽しみにしています。

即位の礼に際して訪日し、安倍晋三首相(当時)と会談したソーリフ・モルディブ大統領(右)=2019年10月、代表撮影
(翻訳・毎日アジアビジネス研究所)

Message by His Excellency Ibrahim Uvais

Ambassador of the Republic of Maldives to Japan

It gives me great pleasure to contribute to this special issue on investment and trade in the Maldives.

As this issue is published, the Maldives economy is undergoing a fundamental shift at this time. Key economic policy changes by President Ibrahim Mohamed Solih’s administration aims to implement a host of measures to diversify Maldives economic base, through efforts to add value to as Maldives sits in a key location in the middle of the world’s trade routes in the Indo-Pacific.

Tourism remains the major service industry accounting for the highest percentage contribution to the economy, with tourist arrivals reaching a record 1.7 million and receipts from tourism more than US$ 3.171 billion a year. In addition to the niche luxury tourism Maldives is well known for, segments such as cultural tourism through hotels in local islands has been developing exponentially over the past years. This change is being built on investments in newly developed and upgrades of airports in the northern and southern atolls that increase international and domestic capacity.

For post-pandemic recovery, the Government is Maldives have shifted towards economic that will facilitate diversification and enhance industrial development including social services delivery. This includes major investments in the export of fisheries and transportation. The government is undertaking a project to shift the country’s main port, Male’ Commercial Harbour, to Gulhifalhu, featuring state of the art facilities equipped to cater 400,000 shipping containers on average per year. The construction of the new port will include customs and administrative services, port services, bonded warehouses, domestic quay and container and general cargo terminals.

Under the cross-cutting priorities of the Pro-Market and Blue Economic Framework of the Government, the Government has plans to promote Maldives as an attractive destination for foreign investments. Towards this end, we recognize the importance of facilitating an attractive investment climate for investors in terms of regulatory flexibilities, adequate compensation for expropriation, protection for developers and investment security measures. Several incentives are being offered to foreign investors including a unified business registration through ‘Invest Maldives’, long term land lease for up to 99 years, freedom to employ foreign managerial, technical and unskilled workers, absence of restrictions on foreign exchange as well as on repatriation of profits and capital proceeds.

Japan has remained a prominent partner in the socio-economic development of Maldives and has established mutual trust and friendly bilateral relations for over 50 years. During this time, Maldives has enjoyed Japanese assistance in all areas of development including sustainable fisheries, ICT infrastructure, transfer of skills and technology. To date, Maldives has received a combined total of US$ 105.1 million worth of investments in areas of tourism and other sectors from Japanese shareholding till date. The Government of Maldives looks forward to further deepen economic cooperation in areas of technical advisory, technological enhancements and collaboration for investments with investors from Japan seeking to invest in Maldives.

■イブラーヒム・ウェイス駐日特命全権大使
H.E. Mr. Ibrahim Uvais
Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary to Japan

1976年生まれ。大統領府対外関係部門次官補、同経済政策部門アシスタントディレクターなどを経て2006年から在マレーシア大使館一等書記官。09年からマレーシアのモナシュ大学大学院、15年から18年にはマレーシアで企業内組織開発コンサルタントを務める。18年から駐日大使。19年からは次期韓国大使も兼任。2010年からは非営利組織「ディプロ・ファウンデーション」でオンライン講義に携わっている。

◆政府入札情報◆
投資家はモルディブ財務省の次のリンクから、政府機関によるあらゆる入札情報にアクセスすることができます。このページからは発注機関、入札の内容、入札の締め切り日時などの情報を得ることができます。
https://www.finance.gov.mv/tenders

モルディブ特集
目次へ戻る 次へ進む