特派員の目 6月号

20200520dd1dd1phj427000c
ソウルの高校で体温のチェックを受ける生徒=2020年5月20日、渋江千春撮影

世界に大きな影響を与えている新型コロナウイルス感染。毎日新聞社の特派員が各国の生の事情を伝えています。

どなたでもお読みいいただけます。以下の目次のタイトルをクリックしてください。

(コラムは一般社団法人アジア調査会が発行する「アジア時報」に掲載されたものを、同調査会の承諾を得て再載しています)
<北京・河津啓介>強権ではなく
<上海・工藤哲>中国式コロナ対策
<台北・福岡静哉>「世界初」で観客を解禁した台湾プロ野球
<ソウル・渋江千春>大邱の教訓
<バンコク・高木香奈>ゾウへの思い
<ジャカルタ・武内彩>コロナ禍への不安
<ニューデリー・松井聡>経済再開と感染防止で苦悩する印パ
<ワシントン・古本陽荘>犬も登場した米上院公聴会
<ロサンゼルス・福永方人>次なるリスク
<ロンドン・服部正法>懸念される感染2波と食糧難