シリーズ 米国のアジア人脈20

アジア系差別の撲滅訴えるタミー・ダックワース上院議員――タイ生まれの女性傷痍軍人

毎日新聞論説委員・及川正也

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて各地で都市封鎖(ロックダウン)が続く米国では、アジア系住民への差別やいやがらせが後を絶たない。「震源地」が中国・武漢だったことで、社会の不満の矛先が向かっているようだ。民主党上院議員の有志がトランプ米大統領に書簡を送り、バッシングを制止するよう求めた。その中心人物が、タイ系米国人のタミー・ダックワース上院議員(52)=民主党=だ。

■コロナハラスメントに警告
タミー・ダックワース米上院議員=議員ホームページから

「新型コロナウイルスの感染拡大で、アジア人やアジア系米国人らへの深刻な憎悪犯罪や人種的いやがらせが頻発していることを憂慮する。彼らは、命、健康、尊厳、生活が脅かされている。政府と議会のすべての指導者たちはアジア差別主義に対抗し、アジア系住民の擁護を表明すべきだ。私たちの敵はアジア人やアジア系米国人のコミュニティーではなく、私たち全員を危険にさらすウイルスである」

民主党の有志上院議員29人の連名による4月21日付の書簡では、アジア系差別に対する強い危機感を表明している。米国のNPO「アジア太平洋ポリシープラニングカウンシル」(A3PCON)、「チャイニーズ・フォー・アファーマティブアクション」、州立サンフランシスコ大学が合同で実施しているアンケート調査「アジア太平洋ヘイトを止めよう」によると、新型コロナウイルス関連で、4月初旬までの
2週間で全米から1135件のアジア系に対するいやがらせや暴力が報告された。女性の被害は男性の2倍に達し、子供の被害も6%あったという。

また、米ABCニュースは、連邦捜査局(FBI)のヒューストン支局がアジア系米国人住民への憎悪犯罪が増加することを警戒するよう促す文書を作成し、全米の警察機関に送付したと報じた。

書簡では、「ウイルスと特定の民族の間になにがしかのつながりがあるかのような誤った考えに対抗する必要がある。こうした偏見がアジア系住民への憎悪犯罪の急増につながり、この危機に乗じて人種的に違う他者に危害を加える口実となっている」と指摘している。アジア系への犯罪増加について、調査したNPOの担当者は米NBCニュースに対して「『中国ウイルス』といった表現を意図的に使うことが、アジア系米国人への差別をあおっているのは明らかだ」と語っている。

トランプ氏は「(ウイルスは)実際に中国から来た」として、「COVID19」と命名された新型コロナウイルスを「中国ウイルス」と公言し、「理に適っている」と述べていた。その後、アジア系住民に責任はないとし、「アジア系米国人を守る必要がある」と述べたものの、その具体策の内容や関係機関への指示については言及していない。

=続きは会員限定です