タイからの報道によると同国政府は8日、国内に滞在する外国人の滞在ビザを自動的に4月30日まで延長すると明らかにした。現在タイは外国人の入国を全面禁止しているが、禁止以前に入国したビザを所持、あるいはビザ免除措置を受けている外国人は、ビザ延長のため入国管理局に出頭する必要はない。

また長期滞在者に義務付けられている90日ごとの滞在報告も免除するという。タイでは滞在している外国人がビザ延長や90日レポートのために入国管理局に詰めかけ問題になっていた。政府は現状が改善しなければ、4月30日以降もビザの延長が継続されると語った。(4月9日)