リーガルコーナー第23回 台湾・有澤法律事務所弁護士 洪維德、陳重安、黄傑

tora

日本企業の台湾における信用リスク管理と債権回収

本シリーズの第1回では、資金投入と会社設立の段階に関する法令を説明し、第2回では会社の内部管理上最も重要な労働法令を解説した。今回は、会社が営業活動を行う際に、取引相手の信用リスクについて、よく見られる管理方法を紹介する。また、信用リスクが発生した場合、法に定める紛争解決手続に基づいて債権回収を行うとき、如何にして仮差押えの手続を通じて、債権の弁済をより確保するかについて解説する。(本シリーズは虎門中央法律事務所の提携事務所である台湾・有澤法律事務所による、台湾の法制度に関する紹介の最終回=全3回=です)

一、取引相手の信用リスク管理

台湾では、取引相手の信用リスクの管理方法は多様であるが、以下の方法は最も一般的である。
(一)物的担保
日本と同様に、台湾では、債権者の多くは、債務者に動産や不動産を担保として提供することを要求する。例えば、抵当権、根抵当権、質権、動産抵当権などがこれに当たる。

続きは会員限定です