シリーズ「中国商務熱点」⑥

人民日報の視点 第3回中国国際輸入博覧会

オンラインで出展契約調印式――新型コロナウイルス回避で

2月26日午後、第3回中国国際輸入博覧会の初のオンライン調印会が開催され、著名企業4社が出展契約に調印した。調印済みのブースの面積は計画面積を50%上回っており、その出展者募集の進捗ペースは前2回の同期を上回っている。新華社が報じた。

.jpg
浙江省の義烏中国小商品城国際商貿城が2月24日午前9時から全面的に運営を再開。同日、義烏国際商貿城五区の輸入館インド展示エリアでインドの特色ある商品を選ぶバイヤー=人民図片・呂斌

国家エキシビションセンター(上海)輸入博覧会展覧部の周伶彦・副総経理は、「現状からして、新型コロナウイルスの感染状況が第3回中国国際輸入博覧会の企業商業展出展者募集業務に対する影響は限定的だ。例年の状況からすると、今は出展のための契約に調印する企業が集中する時期で、感染が拡大していると言ってもそれを遅らせることはできない。そのため、オンライン調印会の形式を採用した」と説明する。

続きは会員限定です