中国・湖北省政府は24日、武漢市を除く湖北省のその他の地域の封鎖措置を25日午前0時に解除すると発表した。武漢市は2週間後の4月8日に解除するとした。

武漢ではコロナウイルス感染者が急増した1月23日から、外部との行き来を禁止する封鎖措置が取られてきた。国家衛生健康委員会によると、中国本土では23日の24時間で78人の感染による肺炎患者が確認されたが、うち74人が海外からの入国者だという。武漢市でも1人が新たに確認されたが、新規の患者は大幅に減少している。(3月24日)