表紙をクリックするとPDF版をダウンロードできます。閲覧には、会員向けにお知らせしたパスワードが必要です。

トップストーリー:「介護人材」の明日――アジアからの実習生

急速に進む高齢化。厚生労働省が「2025年には万人が不足する」と訴える介護サービスの担い手を、海外に求める動きが広がっている。今年、技能実習制度を利用してバングラデシュから6人の実習生を受け入れた東京都町田市の病院を訪ね、「介護人材の明日」の姿を探った。【毎日アジアビジネス研究所・西尾英之】

来日4カ月 医療現場で入院患者をケア

バングラデシュから実習生受け入れ―東京・町田病院

 

 

asia-inside-1912_01.jpg
看護師の指導を受けながら、高齢の入院患者の着替えに取り組む技能実習生の
メイ・タン・ヌエ・マルマさん=東京都町田市の町田病院で西尾英之撮影

「さっぱりしましたか?」。入浴を終えた高齢の入院患者におむつを着け、院内用の浴衣を着せていくメイ・タン・ヌエ・マルマさん(20)。日本語でそう声をかけると、男性患者はかすかに目を開き、うなずいた。マルマさんは今年、他の5人とともにバングラデシュから技能実習生として来日。8月から町田市の医療法人社団創生会町田病院で働いている。同僚のオロリカ・トリプラさん(20)は「仕事にはかなり慣れてきましたが、体がうまく動かない患者さんの着替え作業は今も大変。でも患者さんの中には、『バングラデシュってどんな国?』『日本で寂しくないですか』と、私たちに話しかけてくれる人もいます」とうれしそうに話す。

現在、実習生6人の仕事は朝8時半から午後5時半まで。入院患者の入浴や食事の介助、清拭(患者の体を拭くこと)、シーツやおむつの交換など看護助手の業務を、日本人看護助手と2人1組のチームでこなしていく。

とはいえ、まだ来日して4カ月あまり。患者の容体にもよるが、作業には、日本人同士のチームでは付かない指導役の看護師が付き添うことも多い。「彼女たちは〝やる気〟はあるのですが、医療の現場は経験がモノをいう。未経験で入ってくる日本人でも、数カ月ではなかなか使い物になりません。患者さんの容体にもよりますが、絶対に事故を起こすことのないよう、慎重に指導しながらやっています」。岩淵美和子看護部長は話す。

続きは会員限定です