表紙をクリックするとPDF版をダウンロードできます。閲覧には、会員向けにお知らせしたパスワードが必要です。

トップストーリー: 海外をめざす 鉄道ビジネス

JR東日本の挑戦

都市部では大量の通勤、通学客をさばき、全国に高速輸送ネットワークを築く日本の鉄道網。世界に冠たる日本の鉄道システムの海外輸出は、我が国が蓄積した技術やノウハウを最大限に活かして新興国を中心したインフラ需要の取り込みを図る「インフラシステム輸出」の主要な柱の一つだ。東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)の取り組みを中心に、日本の鉄道ビジネスの海外展開を紹介する。【毎日アジアビジネス研究所・西尾英之

ジャカルタ市民の足 元首都圏の205系
中古車を輸出 車両を近代化

ジャカルタ中心部から郊外へ延びる通勤電車網を運営する「インドネシア通勤鉄道会社」(PT KCI)。同社は東京首都圏に匹敵する人口を擁するジャカルタ首都圏をカバーし、1日に100万人を超える利用者がある。車両は現在、首都圏の通勤線区で走っていたJR東日本の「205系」を中心に、ほぼ全車両が日本から輸出された中古車両で占められている。

1911_asia_01_01
ジャカルタを走る元JR東日本の205系車両=JR東日本提供

都心部を高架で走るPT KCIの路線は、高架橋や駅、架線を支える支柱などの雰囲気が、日本の鉄道施設とよく似通っている。1980年代以降、日本の政府開発援助(ODA)による円借款で建設、整備が進められてきたためだ。これによって線路は近代的に生まれ変わったが、PT KCIの前身の運営会社が新規に導入した車両は、冷房が効かずドアーも閉めずに運行し、多数の乗客が車両の屋根によじ登って乗車するという、「近代的で安全な都市圏鉄道」とはほど遠い存在だった。

東京圏の鉄道事業者で使われた中古車両が導入されたのは2000年、ジャカルタと姉妹都市の東京都の交通局から、都営地下鉄三田線で使われていた「6000形」車両が譲渡されたのがきっかけ。JR東日本からは04年に「103系」車両、11年に「203系」車両が合計66両譲渡された。東京メトロや東急電鉄で使われていた車両も導入されて、車両面でも近代化が進んだ。

2013年にはJR東日本から、車両の置き換え時期を迎えた埼京線の205系の「中古車輸出」がスタートした。同年に180両、さらに14年、15年には横浜線、南武線の296両が、18年から来年にかけては武蔵野線、京葉線などで置き換え時期を迎えた336両が譲渡される予定であり、20年度末には合計812両にもなる。日本の国鉄末期から導入が始まったJR東日本の205系が、PT KCIの主力電車となった。

続きは会員限定です