フィリピンのポテンシャルに期待

全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(HD)は、フィリピン最大の航空会社「フィリピン航空」(PAL)の親会社であるPALホールデングスの、株式の9・5%(9500万ドル、約105億円相当)の取得を決め、2月8日、東京のANAインターコンチネンタルホテル東京で両社の業務・資本提携式典を開いた。出席したANA・HDの片野坂真哉社長は「フィリピンはアジアでも高い成長率を維持し、日本への旅行者は過去5年で5倍に増えるなど、ポテンシャルは非常に高い」と、提携に強い期待を示した。【毎日アジアビジネス研究所、写真も】

DSC02293
式典に出席した(右から)平子裕志ANA社長、片野坂真哉ANA・HD社長、マイケル・G・タンPAL・HD取締役、ハイメ・J・バウティスタPAL社長

ANAグループは2018~22年度の中期経営戦略に基づき、国際線を成長の柱と位置付け路線ネットワークの拡充を図っている。PALとは14年から、コードシェア便の運航やマイレージサービスの提携、空港業務の相互委託などで提携を図ってきたが、今回、株式の一部取得による資本提携を実施し、関係を強化することになった。

この記事はどなたでもお読みいただけます 続きはこちら