インドネシア・バリ島で開催されたIMF・世銀年次総会で、インドネシアのジョコウィ大統領は米国の人気テレビドラマを引用し、米中貿易対立に警鐘を鳴らした。東アジアサミットでは外交ビジョン「インド太平洋構想」を提唱し、国際世論に存在感を示しつつある。国内でもその政治センスを武器に求心力を維持しているように見える。インドネシア・ウォッチャーの古宮正隆氏の分析をもとに来年4月の大統領選のシナリオと課題を占ってみた。【毎日アジアビジネス研究所長・清宮克良】

〝悪魔の冬〟が襲来?

エリート軍人の後任として就任したジョコウィ大統領だが、その政治パフォーマンスには世間の耳目を引くセンスが光る。

今年8月にジャカルタで開催したアジア大会開会式の冒頭、ジョコウィ大統領は大型バイクで競技場に姿を見せる演出を行い、5万人の観客を熱狂させた。

ジョコウィIMF世銀10月12日、ジョコウィ大統領はインドネシアのバリ島で開催されたIMF・世銀年次総会で、米ケーブルテレビHBOの人気テレビドラマ「ゲーム・オブ・ストローンズ」を引き合いに出してスピーチを行った。同ドラマは7王国が鉄の玉座をめぐって熾烈な戦いを繰り広げる内容で、大統領は「大国同士が対立している間に、〝悪魔の冬〟が襲来する」と演説して、暗に米中貿易対立を批判し、対立より協調が必要であると強調した=写真、コンパス紙撮影

続きは会員限定です。