従業員福利厚生に尽力、役所とは「裏ルート」も必要

 

日系企業の進出が加速するベトナムだが︑現地の労働慣行や文化の違いに苦戦する企業も多い︒日系大手企業の中間管理職としてベトナム工場で︑現地の行政組織への対応やベトナム人従業員の労務対策などにあたった現人材派遣会社社外取締役、ブイ・ドゥク・クィンさん(43)=写真下=に、ベトナムでの事業運営のポイントを聞いた。

 

ブイ・ドゥク・クィンさんーーベトナム水産省を退職して日本企業に入社︒経歴がユニークですね。

海のあるハイフォンで生まれ育ったせいか、小さいころから水産の世界に興味がありました。水産省に入省後、1998年末に日本に出張する機会があり、日本で勉強したいと思うようになりました。日本人の勤勉性について前から聞いていましたし、日本と日本人に強く興味を持ったので、水産省をやめて日本で暮らしてみようと考えたのです。でも、日本に来た当初は、いずれベトナムに帰って働こうと思っていました。
――ご両親は反対しなかったのですか。

いいえ、まったく。ベトナムの親たちは、チャンスがあれば自分の子どもを外国に送ろうとします。来日してからは、生活のため、化学薬品を扱うベンチャー企業で絶縁材料を研究するアルバイトをしていました。バイト先で実験を続けているうち、そちらの世界の方が水産よりも面白くなって、半導体関連の有機材料を製造する日本の大手企業「京セラケミカル」(2016年に京セラに統合)に入社しました。

――ベトナム工場に赴任した理由は。

13年夏に稼働したフンイエン省の第2タンロン工業団地の工場の立ち上げのために赴任しました。ハノイ市内の自宅から車で1時間ぐらいの距離。会社のバスで通勤していました。工場はシアンや硫酸など危険な化学薬品を多く使いますし、排水についてもベトナムは規制が日本より厳しいので、会社から「専門知識を持った人間がほしい」と言われて行きました。

続きは会員限定です。