農林水産省が日本産の米の輸出拡大に力を入れている。中でも米の消費量の多いアジア諸国への市場開拓に熱心だ。民間事業者もあの手この手で知恵をしぼるが、最近、健康に寄与する高付加価値型の「機能性米」が注目されている。いったいどんな米なのか。【毎日アジアビジネス研究所客員研究員 小島正美】

日本国内では米の消費量が減り続け、米が余っている。米の一大消費地である香港やシンガポールなどアジア諸国への輸出を増やせば、日本国内の食料自給率(カロリーベース)のアップにもつながるが、なにせ日本の米の価格はアジア諸国の米に比べて数倍も高い。そのまま輸出したのでは勝ち目はない。

そこで注目されているのが健康増進に貢献する機能性米ともいえるメディカル・ライス(医療米)だ。独特の精米機メーカーで知られる東洋ライスが開発した「ロウカット玄米」(英語名はキンメマイ・ベター・ブラウン)が2017年4月、シンガポール政府健康促進局から、安全で健康によい食品として認証される「ヘルシアチョイス」に選ばれた。15年3月から国内外で発売していたが、この認証で知名度がぐっと上がった。

無題
輸出強化を図る「金芽米」と「金芽ロウカット玄米」=長野市南長野北石堂町のJA長野県ビルで2017年8月25日、ガン・クリスティーナ撮影

 

ロウカット玄米は、玄米の表面にある防水性のロウ層をきれいに除去して、食物繊維やミネラルなど玄米の栄養価を保ちながら、炊きやすく、食べやすくしたお米。血糖値の上昇を抑え、腸内環境をよくする働きがあり、シンガポール政府の目に止まったわけだ。