“ú’†ŠÔ‚̒ʔ̎–‹Æ‚ɂ‚¢‚Ęb‚·‘·ƒ„ƒt[‰ï’·‚ƃAƒŠƒoƒoEƒOƒ‹[ƒv‚̃}[‰ï’·

 

中国最貧エリアの貴州省が「クラウド」で変貌を遂げている。なぜ、世界最先端のビッグデータ集積地になったのか?日本のNTTデータも進出する「貴州ビックデータ」の現状とその未来を日本企業(中国)研究院執行院長で経済ジャーナリストの陳言氏の分析をもとにひも解いてみた。(毎日アジアビジネス研究所長 清宮克良)

写真は共同記者会見で日中間の通販事業について話すアリババ・グループのジャック・マー会長(右)とソフトバンクの孫正義会長=東京都内のホテルで2010年6月、望月麻紀撮影

マー氏「最後の投資チャンス逃すな」

5年前に貴州省の可能性を予言的に言い当てた人物がいた。

阿里巴巴(アリババ)集団創業者の馬雲(ジャック・マー)会長である。

陳言氏によると、マー氏は2013年3月、「もし全国で最適の発展地域を3カ所挙げるとすれば、貴州は間違いなく最後の1カ所だろう。もし30年前に(その後に経済発展を遂げた)広東、浙江への投資チャンスを逃していたら、どうなっていたか。今こそ、貴州ではチャンスを逃すべきではない」と語っていたという。中国のシリコンバレーと呼ばれる北京・中関村や深圳をつぶさに見てきた陳言氏は、中国のイノベーションを語る時に「貴州ビッグデータ」は欠かせない存在と指摘する。

続きは会員専用(Members only)です