ODA情報11986年の対外開放政策(ドイモイ)以来、2000年~2010年の平均経済成長率が7%を超えるなど、順調に経済成長を続けてきたベトナム社会主義共和国。1人当たりのGDPは2005年時点の700米ドルから、16年には2172ドルと3倍増に急伸した。その旺盛な経済を支えてきた一番の柱が政府開発援助(ODA)。日本からの円借款は2012年度以降、2000億円前後で推移し、その累計は2兆7047(外務省発表)億円に上る。これに無償資金協力の1506億円(同)と技術協力の1762億円(同)を加えた援助額はベトナムのODA受け取り額の3分の1に及び、「間違いなく世界一(の援助国)」と国際協力機構(JICA)ベトナム事務所の北村周次長は説明する。しかし、日本から見たその〝世界一の被援助大国〟が今、大きな転換期を迎えようとしている。【日刊建設工業新聞常務国際事業本部長・髙橋治光、写真は円借款で建設されたベトナムで最長の海上橋=ハイフォン市内

 

深刻さ増す公的債務の増加

 

国際通貨基金(IMF)の推計では、ベトナムの2000年度の歳入は約4300億円(日本円換算)で、12年度が3兆5100億円、18年度は6兆400億円と順調に拡大を続けている。しかし、歳出の増加はさらにそのスピードを上回る。2000年度当時は4700億円と概ね歳入と歳出の均衡が取れていたが、12年度には4兆5700億円と1兆円も歳出が超過した。18年度はさらに収支のバランスが悪化し、歳出は7兆2700億円に膨らんで歳出超過は1兆円を大きく上回る見通しだ。
政府総債務残高で見るとさらに深刻さが増す。2000年度に6600億円だった同残高は、ODAの有償協力への転換とともに急速に拡大、年度には7兆5000億円に達した。年度は国家予算の2倍を上回る兆円超の債務残高となり、国家財政は危機的状況に陥っている。

続きは会員専用(Members only)です