mitchmacconnellミャンマー西部ラカイン州の少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の武装集団に対するミャンマー治安部隊の掃討作戦開始から1年が過ぎた8月27日、国連人権理事会が設置した国際調査団が、ミャンマー国軍のミン・アウン・フライン総司令官を含む軍幹部らに対して「虐殺」「人権犯罪」「戦争犯罪」の容疑で捜査と訴追を求める報告書を発表した。国際刑事裁判所(ICC)に問題を付託するよう要請している。これに対し、ミャンマー政府は同国当局が調査に同意しておらず、「ミャンマーには人権問題に関し責任ある枠組みが存在する」と主張して拒否した。

9月3日にはロヒンギャへの迫害問題を取材していたロイター通信のミャンマー人記者2人が国家機密法違反で禁固7年の判決を受け、国際社会は「民主主義を認めぬ判断だ」と反発している。

ロヒンギャ問題をめぐるミャンマーと国際社会の対立が先鋭化するにつれ、ノーベル平和賞受賞者でもあるアウンサンスーチー国家顧問兼外相への批判が高まっている。ミャンマー情勢が混迷する中、米国連邦議会でその存在を際立たせている上院議員がいる。この30年近く、民主化指導者のスーチー氏を一貫して支援してきた与党・共和党の上院トップ、ミッチ・マコネル院内総務(76)=写真=だ。

続きは会員専用(Members only)です