ビジネス情報②上田さん縮小

土木、建設の杭工事一筋年の「高脇基礎工事」(埼玉県北本市、門脇佳典社長)が今年3月、ベトナムのハノイに現地法人「TKエンジニアリングインターナショナル」を設立した。代表に就任したのは、元伊藤忠商事社員でアジアのビジネスに詳しい上田祐嗣さん(64)=写真。経済発展めざましい同国に進出した狙いや、日系企業がベトナムで事業を始めるにあたっての心構えなどを聞いた。【聞き手=日刊建設工業新聞常務国際事業本部長・髙橋治光、毎日アジアビジネス研究所・野島康祐】

--ベトナム進出の理由は?

高脇基礎工事は地場の土木業者で、全国展開をしていないし、海外と取引していたわけでもない。英文の書類を読める人間もいない。そこで、海外での仕事が長かった私に、門脇社長から「ベトナムに出たい」と声がかかり、お手伝いすることになった。
伊藤忠商事で16年働き、ここに来る直前はバンコクで工業用ナットを作る会社にいた。ベトナムやタイなど東南アジアで会社をやっていくにあたり、法律や労働問題など考えなければならないことがいっぱいある。東南アジアに進出しようと考える中小企業は多いが、体力の問題、人材の問題もあり、実際はなかなかできない。限られた地域に根を張っている会社のオーナー社長が「海外に進出しよう」と考えたところで、なかなか自社だけでは展開はできない。
「現状を打破したい」「将来に向かって何か吸収したい」という企業は多くても、会社の内外に反対の声が多いと聞く。取り引き銀行や、会社の経理担当者の反対を押し切ってやっている方が多いのだろう。十分な勝算があるわけでもなく、「アジアに足を突っ込んでから考えてみよう」という経営でいいのか、と自分でブレーキをかける人もいる。
高脇基礎工事の場合、将来の人手不足に対する危機感があった。いま、中小企業で働こうという日本の若者は少ない。若者自体が少なくなっているのだから、今後、ますます厳しくなる。そこで、将来的に若い人材の提供国になるかもしれないベトナムに「足を突っ込もう」と考えた。