20120111dd1dd1phj706000c

大武健一郎 (元国税庁長官、ベトナム簿記普及推進協議会理事長)

 

ベトナムのハノイで日本語による複式簿記の普及活動を始めて、はや14年。卒業生は1500人を超えた。私自身、ベトナムには回以上通った。こんな話を聞いた方々から、次のような相談が舞い込んでくるようになった。多分に、日本の人手不足が影響しているようだ。
「ベトナムの技能実習生は他の国の方々と比べてよく働くと聞くので、ぜひ紹介してほしい」

「どの国も人件費が上がってきて、ベトナムも同様だと聞く。ベトナム人はなかなか優秀で、粘り強いそうだが、実は中国やタイからベトナムに工場を移したい。どこに出たらいいか相談に乗ってほしい」

「ベトナムのどこに、どのような形で進出したらいいか悩んでいる。何度かベトナムを訪問して調べているが、情報が輻輳していてよく分からない」

「ベトナムにはコンピューターソフトのエンジニアが多いと聞く。我々中堅企業は良い人材が集められないので、ベトナムに会社を作って取り組みたい。インターネットで送受信すれば関税も消費税もかからないので、すでにいくつかの同業他社が進出している。我々も進出したいので、よろしくお願いしたい」

しかし、一口にベトナム進出といっても、国土は全長2000キロ、北海道から鹿児島県の大隅半島まであり、面積は33万平方キロと、九州を除いた日本と広さとほぼ同じだ。しかも、フランスに占領される前は北部ベトナムと南部ベトナムに分かれて国はひとつになっていなかった。さらに、1000年以上前には、チャム族というインドネシアから来た民族がチャンパ王国という国をつくっていたこともあった。だから、言語も北部、中部、南部では、物の言い方や発音がかなり違っている。