“úŒoV•·‘ã•‚Q ƒ`ƒ‡ƒ“Eƒxƒgƒiƒ€‹¤ŽY“}‘‹L’·•vÈ‚Ɖベトナム共産党のグエン・フー・チョン書記長(74)=写真=が汚職摘発を強めている。中国寄りとみられるチョン書記長だが、習近平国家主席ばりの反汚職キャンペーンで完全に権力を掌握し、政府から党主導の「党高政低」の傾向が強まる。ベトナムを経済成長に導いた「ドイモイ(刷新)」は党による開発独裁型の色彩を帯びる。日本企業が注視すべき要人は誰なのか。アジア経済研究所の石塚二葉氏の分析をもとにひも解いてみた。【毎日アジアビジネス研究所 清宮克良、写真は昨年3月、訪越した天皇陛下と会見するチョン書記長(右)=代表撮影】

「炉が熱ければ」汚職撲滅

「炉が熱ければ湿った薪でも燃える・・・いかなる機関も個人も無関係ではいられない」。2017年7月31日、中央汚職防止指導委員会の会合で、チョン党書記長は反汚職闘争の強化を示唆した。中国の習近平国家主席が掲げた反腐敗キャンペーンのスローガン「トラもハエもたたく」と共通する強い意志を持った言葉だ。
チャン党書記長の発言の背景には、党政治局員(党の最高指導部で19人=第12期発足時=で構成)のディン・ラ・タン・ホーチミン市党委書記(57) が経済管理に関する規定違反容疑で逮捕され、現役の政治局員として 約20年ぶりに解任されたことがある。

続きは会員専用(Members only)です