images[10]

陳 言

ジャーナリスト、日本企業(中国)研究院執行院長

 

バーコード、二次元コードの技術自体のハードルは決して高くなく、決済に二次元コードを導入したことは技術革新には数えられていない。しかし、一つの国で、毎日、数億人の消費者が二次元コードで支払い、もしその国で新たに開業するレストラン、小売り店にレジスターがなく、店内には携帯電話より少しだけ厚みがあり、かなり小さい二次元コードのスキャン用端末があるとすれば、この変化は全ビジネスシステム、金融業界に対する一大革新である。

中国の創新経済にはどのような特徴があり、どのような条件下で発揮されるのか?二次元コードのスキャン技術の普及過程を振り返って分析を加えてみたい。

 

創業者・王越氏、日本で二次元コードを知る

王越氏は1976年生まれで、99年に黒龍江大学を卒業した。

90年代に、彼は日本に行き、ある期間働き、当時の中国の大部分の人が一生かかってやっと手に入れる給料を稼ぎ出すことができた。日本に滞在していた時、倉庫管理の仕事中に、二次元コードに巡り合い、直ぐに使い方を覚えた。

90年代、中国の若者たちが日本へ行ったとすれば、彼らの大部分は日本から中国に慌てて帰ろうとはしなかった。日本の方が仕事は安定しているし、給料は高く、同時に、日本にいれば先端技術を比較的多く知ることができ、これらの技術を習得できたからだ。

王氏は日本で二次元コードに触れたほかに、電子機器の組み立てを担当し、その後、製品の研究開発にも加わった。難しい問題にぶつかり、自分で解決できない時には、中国国内の友人で探し、それで不十分であれば、友人の友人を通じて関連の専門家を探して解決して来た。このようにいろいろやっているうちに、彼の研究開発は企業内で単純に一生懸命に働いていた同僚よりも、成績はかなり良かった。彼が他の中国の若者と違っていたのは、日本である程度の期間働いてから帰国し、しかも故郷の東北地方には戻らず、直接北京にやって来たことだ。

 

続きは会員専用(Members only)です