落書きの背景:ワシントン 古本陽荘

ŒÃ–{—z‘‘@–{ŽÐˆõ@­Ž¡•”@m‹LŽÒ‚̖ځn11月の米大統領選の民主党の候補指名争いは予備選が集中した3月3日のスーパーチューズデー前後で急展開し、ジョー・バイデン前副大統領(77)とバーニー・サンダース上院議員(78)の一騎打ちとなった。民主党の主流派が一斉にバイデン氏の支持に回っており、サンダース氏は厳しい戦いを強いられている。党全体の融和を考えた場合、追い詰められたサンダース氏の支持者が今後、どう振る舞うかが焦点になりそうだ。

選挙戦から撤退したマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長(78)の陣営が2月24日に発表した記者向けの広報文の内容は「落書き」についてだった。中西部イリノイ州シカゴの選挙事務所などで落書きが相次いだ。そして、サンダース陣営があおった結果だと非難した。落書きで最も多かった言葉が「オリガーキー(寡頭制)」。富豪であるブルームバーグ氏が、カネの力で政治を操ろうとしていることへの反発という意味だ。選挙集会でサンダース氏は「我々は民主主義であり、オリガーキーではない。選挙をカネで買うことはない」とブルームバーグ氏を批判する際にこの言葉を使っていた。

同じく離脱したエリザベス・ウォーレン上院議員(70)もネット上で「組織的いやがらせ」をサンダース陣営が行っていると非難している。
選挙にひぼうや中傷はつきものだが、民主党の候補指名争いでは、他陣営から批判されるのはサンダース陣営ばかりだ。「民主的社会主義」を支持すると公言し、大企業や大金持ちを激しく批判するサンダース氏の集会は、熱気に包まれている。演説に感動して涙目になっている人の姿もある。トランプ氏や大企業を批判する場面では怒りを爆発させる人もいる。落書きやネット上の中傷に弁解の余地はない。だが、他候補陣営にはない激しい感情と過激な行動に関わりがあるのは間違いなさそうだ。サンダース氏が党の候補とならなかった場合、支持者が選挙に関わり続ければ、民主党にとっては「反トランプ」の強力な武器となりえる。だが、実際にはサンダース氏以外に関心を持たない支持者が多いように見える。(2020年4月 北米総局)