毎日アジアビジネスレポート1月号

表紙 毎日アジアビジネスレポート1月号表紙をクリックするとPDF版をダウンロードできます。閲覧には、会員向けにお知らせしたパスワードが必要です。

トップストーリー:越境Eコマース その巨大な可能性

オンラインで商品やサービスを売買するEコマース(EC、電子商取引)。アジアでは近年、消費市場の拡大やインターネット、スマートフォンの普及で、EC市場が驚くべきスピードで急成長している。国内の市場縮小に苦しむ日本企業にとって、海外のECで商品を販売する「越境(クロスボーダー)EC」を活用すれば、現地法人設立に比べ、海外進出と販路拡大に容易に挑戦することができる。桁外れに巨大化した中国ECと、それを追うインドEC市場への参入について聞いた。【毎日アジアビジネス研究所】

“毎日アジアビジネスレポート1月号” の続きを読む

毎日アジアビジネスレポート12月号

表紙をクリックするとPDF版をダウンロードできます。閲覧には、会員向けにお知らせしたパスワードが必要です。

トップストーリー:「介護人材」の明日――アジアからの実習生

急速に進む高齢化。厚生労働省が「2025年には万人が不足する」と訴える介護サービスの担い手を、海外に求める動きが広がっている。今年、技能実習制度を利用してバングラデシュから6人の実習生を受け入れた東京都町田市の病院を訪ね、「介護人材の明日」の姿を探った。【毎日アジアビジネス研究所・西尾英之】

“毎日アジアビジネスレポート12月号” の続きを読む

毎日アジアビジネスレポート11月号

表紙をクリックするとPDF版をダウンロードできます。閲覧には、会員向けにお知らせしたパスワードが必要です。

トップストーリー: 海外をめざす 鉄道ビジネス

JR東日本の挑戦

都市部では大量の通勤、通学客をさばき、全国に高速輸送ネットワークを築く日本の鉄道網。世界に冠たる日本の鉄道システムの海外輸出は、我が国が蓄積した技術やノウハウを最大限に活かして新興国を中心したインフラ需要の取り込みを図る「インフラシステム輸出」の主要な柱の一つだ。東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)の取り組みを中心に、日本の鉄道ビジネスの海外展開を紹介する。【毎日アジアビジネス研究所・西尾英之

“毎日アジアビジネスレポート11月号” の続きを読む

シリーズ「アジアの新興企業・財閥・官僚組織」⑦インドネシア・GOJEK 創業者(35)が教育・文化相に(一般公開記事) 

デジタル化が進展する東南アジアでスタートアップのブームが起きている。シンガポールに次いで盛んなのがインドネシアだ。代表格は配車サービスのGOJEK(ゴジェック、本社・ジャカルタ)である。先進国で成功したビジネスモデルを取り入れ、現地に合わせて独自に進化し生活全般のプラットフォームを担う。シリーズ7回目は今やインドネシアを代表する企業となったゴジェックを取り上げる。【毎日アジアビジネス研究所長・清宮克良】 “シリーズ「アジアの新興企業・財閥・官僚組織」⑦インドネシア・GOJEK 創業者(35)が教育・文化相に(一般公開記事) ” の続きを読む

毎日アジアビジネスレポート10月号

表紙毎日アジアビジネスレポート10月号表紙をクリックするとPDF版をダウンロードできます。

トップストーリー: 急務、プラゴミ対策

急速に進むルール作り
――プラスチックを取り巻く国際環境の変化

プラスチックを取り巻く国際環境が変化している。2017年末に中国が廃プラスチックの輸入を禁止したことで、世界最大の廃プラスチック市場が閉ざされた。その後、一時は東南アジアが中国の代替地として注目を集めたが、これらの国々でも次々に規制が導入され、廃プラスチックは行き場を失いつつある。他方、世界各国で環境問題の観点から「脱プラスチック」の機運が高まっており、プラスチック製品の利用を抑制する動きが起こっている。本稿では、プラスチックをとりまく環境変化を、(1)廃プラスチックの輸入規制(2)脱プラスチックの取り組み――の2つの潮流に分けて説明する。【ジェトロ海外調査部国際経済課柏瀬あすか】

“毎日アジアビジネスレポート10月号” の続きを読む

シリーズ「アジアの新興企業・財閥・官僚組織」⑥ 中国・山東省済南市人民政府 泉水保護と地下鉄建設「調和の思想」を生かす(一般公開記事)

ホウ突泉2

「泉城」と呼ばれる中国山東省の省都・済南市を初めて訪問し、中心部にある泉の澄み切った美しさに驚かされた。人口900万人の済南市では泉の水脈を守るため地下鉄建設に慎重な議論が繰り返され、開通まで約30年の年月を要した。一方で、美しい泉を強みに国際泉水文化景観都市連合会議を催し、泉を架け橋に世界の都市と友好の輪を広げている。シリーズ6回目は、泉水保護と地下鉄建設の両立を模索する済南市人民政府を取り上げる=写真は趵突泉【毎日アジアビジネス研究所長・清宮克良】 “シリーズ「アジアの新興企業・財閥・官僚組織」⑥ 中国・山東省済南市人民政府 泉水保護と地下鉄建設「調和の思想」を生かす(一般公開記事)” の続きを読む

毎日アジアビジネスレポート9月号 今月のAsia Insideは「特集 沸騰するバングラデシュ」です

XIMG_1035

中国に次いで世界2位の縫製品輸出。円借款などを活用して集中的に進むインフラ整備。そして、目覚め始めた人口1億6000万人の巨大市場――。いま、バングラデシュが熱い。2009年に就任したシェイク・ハシナ首相の在任期間は10年に及び、政治的にも安定。最新の経済成長率は年8%を超え、世界でもトップレベルの急成長ぶりだ。進出企業やインフラ開発の現場など、現地から報告する。【毎日アジアビジネス研究所・西尾英之】

目次

世界のアパレル工場 主役は女性従業員 日本市場へ一貫生産――マルヒサ・パシフィック

徹底した現地化ビジネスで販路拡大――巨大市場に挑む味の素社式営業

庶民の足「オートリキシャ」EV化を――日本のベンチャー企業・テラモーターズ

メトロ工事真っ盛り 巨大総合開発も――インフラ整備支える円借款と日本企業

進出企業8年で3倍 繊維、インフラ、内需関連が3分の1ずつ

日本は我が国最大の開発パートナー さらに投資拡大を――ファティマ駐日大使に聞く

 

“毎日アジアビジネスレポート9月号 今月のAsia Insideは「特集 沸騰するバングラデシュ」です” の続きを読む